副作用が少ない

医者NK細胞療法にはさまざまなメリットがあるといわれていますが、その一つが副作用が少ないということです。がんの治療に副作用はつきものといわれていますし、特に抗がん剤を用いた治療だと副作用が顕著に現れます。抗がん剤治療による副作用は相当ツライともいわれていますし、それが嫌で治療を断念するような患者さんもいるくらいです。しかし、NK細胞療法だとこのツライ副作用がほとんど生じないといわれているのです。投与後にやや発熱がみられることがあるものの、大した副作用が生じないというメリットがあります。

がん治療における副作用は本当にツライですから、それがほとんどないというのは患者さんにとって大きなメリットではないでしょうか。家族としても苦しんでいる身内の姿を目にすることがありませんし、患者さんの体にもご家族にも優しい治療と言えます。拒絶反応やアレルギー反応などの副作用もほとんどないといわれていますから、今考えられるがん治療の中でもっとも体に優しい治療法とも言えます。NK細胞療法が各方面から多大な注目を集めている理由にはこの副作用が少ないということが理由かもしれません。がんに苦しむ患者さんにとって魅力的なことです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket