移転防止にも

レントゲンがんの恐ろしさはほかの部位に転移することにあります。せっかく手術で腫瘍を切除することができても、次の検査で移転が見つかったとなると患者さんの絶望感はとてつもなく大きなものでしょう。実際にこのようなことはよくあることですし、決して珍しいことではありません。癌が移転してしまうとまた手術を行うか抗がん剤による治療をしなくてはなりませんし、患者さんの体にも多大な負担を強いることになってしまいます。しかし、NK細胞療法だとがんの再発や移転防止に有効といわれていますから、これも注目されるポイントになっています

NK細胞療法では活性化させ増殖させたナチュラルキラー細胞を患者さんの体に戻しますし、戻されたナチュラルキラー細胞は全身を駆け巡ります。がん細胞を徹底して攻撃するというアグレッシブな性質を持ったナチュラルキラー細胞が体中を駆け巡るわけですから再発や移転にも有効といわれているのです。手術だと目の前にある腫瘍を取り除くことしかできませんが、NK細胞療法だとナチュラルキラー細胞が体中のがん細胞にアプローチするのです。拡散したがん細胞を発症させないという目的として、がん治療でNK細胞療法は効果的といわれているのです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket