NK細胞療法とは

注射日本人にとってもっとも身近な怖い病気の代表格でもある癌ですが、最近ではNK細胞療法という治療法が注目を集めています。では、このNK細胞療法とはいったいどのような治療方法なのでしょうか。まず、NKとはナチュラルキラーのことで、ナチュラルキラー細胞というのはリンパ球の一種です。このナチュラルキラー細胞は生まれながらにしてがん細胞を攻撃するという特性を持っており、そこが最大の特徴と言えるでしょう。異常な細胞を見つけ次第すぐに攻撃を開始するというアクティブな細胞で、この特性を活かした治療がNK細胞療法というわけです。

具体的にどのようにして治療を行うのかというのはもっとも気になるところでしょうが、まずはNK細胞を増殖させることから始まります。患者さんの体からNK細胞を採取し、それを特殊な医療機器を用いて増殖させます。増殖させたNk細胞は約200倍以上になるといわれていますが、この増えて強力になったナチュラルキラー細胞をまた患者さんの体に戻します。自然にがん細胞を攻撃するという性質を持つナチュラルキラー細胞を増やすことでさらに強力にし、それを再び体に戻すことによってがん細胞に攻撃を行う、ということですね。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket